スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-23 (Tue)

橋下知事

ニュース


橋下知事、3男4女の大家族ゆえ…「ハンバーガーだって4000円」

 「いやー、無計画というか、おかげさまで経済的になんとかというか…。なぜ子だくさんかと聞かれても、深く考えたことなかったですからね」。橋下徹(39)に以前から気になっていた疑問をぶつけるとそんな答えが返ってきた。
 小学6年から1歳までの3男4女を抱える橋下。秘書の大澤徹(36)は連日、大阪府豊中市内のマンションに、SPの警察官とともに知事を迎えに上がり、この「大家族スペシャル」のような家のソファで待機する。150平方メートルを超える間取りとはいえ、これだけ家族がいると、決して広くは感じない。

 妻(39)は、部屋中を走る子供たちをSPらの前でも容赦なくしかり、橋下はそれを気にする様子もなく、ゆっくりとシャワーを浴びて現れるという。大澤は「奥さんは上の子供たちを送り出した後も家事に追われ、本当に忙しく動いている。小さな子は私らがあやすこともあります」。

 実はこの夏まで、マンションの外で橋下を待っていた大澤らに、「暑いから中で」と声をかけたのも妻だった。周辺警備の警察官らに缶コーヒーを配るのも妻。SPたちの飲み会に駆けつけ、日々のお礼を述べたこともあるという。ある府警幹部は「給与削減などで知事を快く思っていない警察官もいるが、警備関係者には非常に評判がいい。それも奥さんのおかげという声がある」。

                 × × × 

 橋下と同じ名前の大澤は高校卒業後、平成3年に採用され、入庁後に大学に通った経歴を持つ。「同年代の秘書を」という橋下の要望で当選以来、私生活も含め橋下を間近で見てきた一人だ。大澤は「2人でいるときは無口なことが多い。みなさんが思っている以上に礼儀正しい人です」と話すが、時間管理については苦労が多いという。「知事って日程の感覚があまりないんですよ。矢継ぎ早に言ってもダメなんで、非公務の予定も含めてすべて奥さんに伝えて協力してもらっているんです」

 高校時代から続く橋下と妻の関係についてはこれまでにも触れてきたが、その存在は知事就任以降、より一層大きくなっているようにみえる。子供たちも同様だ。橋下が学校への持ち込み禁止を決めた小中学生の携帯電話をめぐって長女の声を紹介したり、学力テストのあり方をめぐり教育委員会の説明会に保護者の立場で出席したりするなど、「家族」というフィルターを通して、橋下が送受信している要素は少なくない。

 橋下と10年来の知り合いという府内の市議は「初めて奥さんに会ったとき、私のことをあまりに詳しく知っていて驚いた。彼はささいなことでも、家で奥さんに話してるんですよ。彼独特の庶民感覚は、そんなところで磨かれているのだと思う」。

                 × × × 

 橋下は選挙戦でよく、府の財政を家計に例え、子供たちとスーパーに鍋の材料を買いに行った話をした。「レジで計4000円。財布には3000円。カゴには子供たちが入れたお菓子など余計なものがたくさんある。だから僕は言いました。どれかを削るのではなく、いったんカゴの中をゼロにしよう。そして本当に鍋に必要なものを選んで3000円になったところでやめよう、と。そういうやり方が行政の予算編成にも必要なんです」

 当時の橋下の年収からすれば、控えめな例えとの感もあるが、「橋下家」を知る近所の人によると、真実に近い部分もあるらしい。何しろ7人である。1人を甘やかせば、その数倍になって返ってくる。橋下は以前、テレビでこんな話をしたこともある。「僕の家は普通の家の何倍もかかるんです。マクドナルドだってみんなでいけば4000円超えるんですよ。だからあんまり外食はしません」

 もっとも、弁護士時代には独立してすぐにポルシェを買い、タレント時代にはハーレーダビッドソンを乗り回すなど派手好きなところもある橋下。放っておけば、浪費しかねない彼の手綱を締めているのも、やはり妻の存在が大きいのかもしれない。そして、そんな橋下という人間を語る上で、忘れてはならない人物がもう一人いる。

 「母子家庭の厳しさは僕が一番分かっている」…。橋下が演説などで繰り返し述べてきた「おかん」である。(敬称略)


お久しぶりです。
この記事を選んだのは、「夫婦」「家族」 のあり方が分かりやすかったからです。
非常に、理想型。
内助の功なんてよく言いますが、内助出来るか否かは、旦那が女房を信頼しているか否かだし
その内助の功を許す旦那も大きなと感じました。
やはり、女は男で全てが決まるなと。
ちなみに、我が家は4人家族ですが、小食です。
なので、回転寿司などで横の家族が乳幼児連れなのに万金飛ばすのを見たり
小学校低学年の子がいる家族で、バイキングで大人2~3000円払っているのを見ると
「勿体無いな~」と思ってしまいます。
現在、我が家の外食費は一回「1500円」です。
ぶっちゃけ、ラーメンも大問題です。
本当に、外食は高い。
それ以外にも、敵も多いでしょう。奥様の気苦労を心配します。
くれぐれも、「貴方と同じお墓には入りたくない」なんていわれない様に労わって下さいね。

ところで、最近「派遣切り」の記事も良く見ましたが・・・・
例えが「蟹工船」なのがいただけない。
どうせ参考にするなら、「ひょっこりひょうたん島」
を参考にしなさいよ!

「辛い事もあるだろさ。悲しいこともあるだろさ。それでも僕等はくじけない!泣くのは嫌だ笑っちゃおう」


いつだって、苦境はきました。時代時代。
それでも、その時代には「明るい未来を信じた物」が流行ったものです。
今のように後ろ向きで、奴隷船で殺される程の生活でも無いくせに、同じと言い切れるほど
下の人間と比較して自分は恵まれてるけど同じだよねと、安心したがる。
おかしいです。
NHKよ!
今こそ、ひょっこりひょうたん島を復活させて下さい。
美空ひばりが売れたのだって、声や存在もさる事ながら
曲が、「希望を与える曲」だったのもデカイと思うんですよ。
・・・・マスコミさん。
不景気のニュースも大事ですが、その裏で、希望を持てる曲や番組も作って下さい。
但し、「湾曲やデマや過大」なものはだめですよー。
スポンサーサイト

Community 気になったニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/245-1d0532fd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。