スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-03 (Wed)

日本の赤ちゃん、150人に1人が中国系

ニュース

【調査】06年の日本の赤ちゃん、150人に1人が中国系

2008年9月2日、厚生労働省が発表した資料によると、06年に日本国内で生まれた赤ちゃんのうち、
「両親または両親のどちらかが中国人」である数は、150人に1人に上ったことがわかった。中国新聞網が伝えた。

同省が発表した「人口動態統計特殊報告」によると、06年に生まれた赤ちゃんは110万4862人。
そのうち「両親のどちらかが外国人」の赤ちゃんは3万5651人で、全体の3.2%を占めた。
また、「母親が外国人」の赤ちゃんは2万6228人、「父親が外国人」は9394人だった。

「父親が外国人」の場合、最も多い国籍は「韓国・北朝鮮」の4293人で、2位が「中国」の3481人。
その後に「ブラジル」の2385人、「米国」の1957人が続いた。反対に「母親が外国人」の場合は、
「中国」が6805人で最も多く、「フィリピン」の6250人、「韓国・北朝鮮」の4385人がそれに続いた。

また、「両親ともに中国人」の赤ちゃんは2505人、「両親のうちどちらかが中国人」は7781人に達し、
新生児全体のうち150人に1人が「中国系の血を引く赤ちゃん」であることがわかった。(翻訳・編集/NN)

9月3日13時7分配信 Record China


静かな恐怖を覚えます。
民族浄化されているのでは・・・・

というか、本当に反日教育されている人間を国内に入れるなと!
もっとも憎んでいる国に、出稼ぎに来るなと!
もっとも嫌っている国で、繁殖するなと!

日本国だけの問題ではないと思う。
世界中で、中国人が繁殖している。
増殖の恐怖。富江のようだ・・・。
中国人増えすぎ・・・・。


管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン

スポンサーサイト

Community 気になったニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/235-8ea82c67


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。