スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-27 (Wed)

北京五輪 柔道

ニュース

石井の発言にヒヤヒヤ…全柔連が取材止めた

 【北京五輪 柔道】北京五輪日本選手団の解団式が26日に都内で行われ、柔道男子100キロ超級金メダルの石井慧(さとし、21=国士舘大)ら349人が出席。金メダリストともなれば帰国後はテレビ出演が相次ぐものだが、石井は「自分では受けるつもりで予定を空けていたのに、ストップがかかってしまった。専門誌の取材しか入っていません」と寂しそうに明かした。

 これまでも自由奔放な発言で周囲をヒヤヒヤさせてきた石井。生放送では何が起きるか分からないだけに、全柔連がストップをかけた形だ。この日も「ゆっくり休めましたか?」の問いに「ボクが休むのは死ぬ時です」と返答。プロ格闘家・小川直也が主宰する小川道場に金メダルを寄贈する意思を示したり、「(男子ハンマー投げの)室伏さんと握手したけど自分の方が強い」と不敵な笑みを浮かべるなど“石井ワールド”は全開。戦国武将・上杉謙信の生まれ変わりを自任する21歳は、どこまでもわが道を行く。


これは、恥ずかしい。
本人はもちろんですが、人生の指導者たるご両親の常識や教育観も
疑われますね。
少なくとも、「柔道が強く期待するあまり放任したんだろう」と想像されても
仕方のない言動です。

もう、21歳と大人なのですから、自分の発言は自分に帰ると
痛い思いをして、成長させる為にも、自由にさせるべきです。
上杉謙信の生まれ変わりと言う割には、「口は災いの元」という事すら知らないとは・・・
痛々しいですね。
サッカーの選手でも、発言が災いの元になっているのがいましたが
甘やかされ、周りにちやほやされ、誰も注意する人間が周りにいなかった不幸な人間の結果
として、とても良い例だと思います。

蛇足ですが・・・・。
自分の娘の結婚相手として、この方が来たら
塩撒いて追い出すでしょうね。
本来、心身ともに成長するハズの柔道で、この程度で金なのかと・・・
金の価値すら落とす人間に、娘は頼めないでしょうね。
相撲界もそうですが、トップに立つ、次世代のリーダーの気概や心根・責務を
育てられていないのは、重大な罪だと思います。
ほんと、蛇足ですけど。


管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン




スポンサーサイト

Community スポーツニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/230-9ad088b6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。