スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-01 (Fri)

桐生一部員、強制わいせつで逮捕!

ニュース

桐生一部員、強制わいせつで逮捕!それでも甲子園「出たい」…2日開幕

第90回全国高校野球選手権記念大会(2日から17日間・甲子園)の群馬県代表校・桐生一の2年生野球部員が31日、女子高生(16)の体を触ったとして、強制わいせつ容疑で群馬県警太田署に逮捕された。同部員は群馬大会でベンチ外だった。同校では大阪入りしている部員29人の関与がないことから、出場辞退はしない方針。日本高野連も連帯責任は問わない方向で、そのまま出場の見込みだ。1日には開会式リハーサルが行われる。

 夏の甲子園開幕まであと2日と迫った高校球界に、激震が走った。99年夏に全国制覇を果たした群馬の強豪・桐生一の2年生部員が、強制わいせつ容疑で逮捕された。

 調べでは、同部員は県大会準々決勝が行われた7月22日、いったん帰宅した後の午後9時ごろ、太田市の路上で、帰宅途中の女子高生に背後から近づき、口を手でふさいで服の上から体を触った疑い。現場付近では同様の被害が数件発生しており、警戒中の署員が30日深夜、自転車に乗った不審な生徒を見つけ任意同行。事情を聞いたところ、容疑を認めた。「性的欲求を満たすためだった」と生徒は供述。同署では余罪を調べている。

 同校の青柳正志野球部長(53)はこの日の午後、大阪市内の日本高野連を訪問し、事情説明した。日本高野連では事件に関与したのが部員1人で、部活動とは直接関係のない時間帯、場所だったことから、西岡宏堂審議委員長(64)は「最近は、1人だけの不祥事ならば大会出場中でも差し止めないのが原則となっている。今、分かっている範囲で差し止めることはない」との見解を示した。日本高野連は、かつては連帯責任を求める印象が強かったが、近年は時代に即した見直しを進めており、今回も出場を認める意向だ。

 高野連では地元に残る部員25人にも、関与がなかったかどうか、さらに調査を要請。持ち回り審議委員会と1日の全国理事会に諮った上で、最終的な処置を決めるが、同校の高橋昇校長も「甲子園に出場させていただきたい」と辞退しない考えを示しており、このまま出場することになりそうだ。

 桐生一では野球部と直接関係はないが、22日にインターネットでの書き込みを巡り、1年生の男子生徒(15)が顔や頭を殴られ死亡する事件が発生。同校の元生徒で無職の少年(15)が傷害致死容疑で逮捕された。ナインは度重なる衝撃に襲われながら1日、開会式のリハーサルに臨む。

 ◆桐生一(桐生市)1901年に桐生裁縫専門女学館として創立した私立校。88年から現校名となった。生徒数は1440人(うち女子635人)。野球部は85年に創部。部員数は54人。センバツは3度出場。夏は99年に全国制覇。主なOBに正田樹(阪神)、一場靖弘(楽天)、久米勇紀(ソフトバンク)。


メンバーか補欠か。関係ないです。
時間も場所も関係ありません。
今までも、メンバー以外の部員や先輩後輩の喫煙・喧嘩・万引き・飲酒で
泣きながら諦めてきた選手・学校は沢山ありました。
ここで、「メンバー外だから」という理由を許せば、今後高校野球のメンバー以外の部員は
「野球の部員」ではない。という事になります。
当然、部活動参加してないって事になりますから、退部扱いでしょう。
そしてメンバーだけで練習し、メンバーだけで用具も用意し、マネジャーも退部扱いですよね。
何もかもメンバーだけでやるのか?って話です。
でも無理ですよね。
メンバー以外の部員も、メンバーを支えチームを育てているし
その「力」がなければ、甲子園まで来れなかったでしょう。
だからこそ、高校野球を擁する学校も先生も生徒も、襟を正し指導教育し
メンバー内外関係なく、チームとして全員一丸となって甲子園を目指してきたはず。
そして、一度問題が起きたら、自ら辞退する。
※春の選抜大会では18年、優勝候補として注目されていた駒大苫小牧高校(北海道)の3年生の野球部員が、卒業式のあった日の夜に飲酒や喫煙で補導され、第78回大会の出場を辞退している。
そういう、潔い・団結する姿が、感動と熱狂とあの熱い応援を生み
町・地域ぐるみで支援する魅力を生んでいるのだと思う。

そりゃ、メンバーの努力は認めるし、絶望も理解しますが
ここで、無理やり出場すれば、今後数十年間は汚名を後輩に背負わせる事になるでしょうね。
毎年学校紹介の時に「20年には暴行致死事件と強制わいせつ事件を起こし出場した高校ですねぇ~、今年も勝ち残ってきたようですが・・・。」と紹介されるかもしれません。
卒業する3年生も、甲子園始まって以来の汚名を刻むでしょうが、卒業できるだけマシでしょう。
2~1年及び新入生は、残りの高校生活を「レイプ学校」として甲子園に望むわけです。
下手したら、今年最後で廃部になるかも知れませんね。
こんな高校が、スポーツマンシップに則って他高校に試合するのは、失礼です。

高野連の態度は、今の政府と似ていますね。
あの世代は、事なかれ主義なのでしょうか?
自分の代が、何事もなく勤められれば、後の人間など関係ないのでしょうか?
一貫性のない教育は、ろくな結果を生みません。

今までの学校がそうであったように。
今までの高野連の判断がそうであったように。
メンバー外と言えど、犯罪は犯罪。
きちんと、辞退するよう勧告するのが高野連の存在意義だと思いますし
都合の悪い時だけ「個人だから」と逃げる姿を子供たちに示すのは
教育上好ましくない態度です。
それに辞退できない学校には、事態の認識の甘さから、出場資格はないと考えます。

これで出場したら、本当に大問題ですよ。

これまでに、部員(メンバー外含む)の喫煙だとか万引きだとか暴行で辞退した過去の選手、特に当時3年生だった今は社会人の皆さんとかに、
今からでも出場権上げて甲子園やり直してあげて欲しいくらい
大問題です。


管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン


スポンサーサイト

Community ニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/219-ac3761dd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。