スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-09 (Wed)

下関教育長に対する朝鮮学校

ニュース

【山口】「迷惑なのでいい加減にしてほしい」 下関教育長に対する朝鮮学校の連日の抗議に江島市長が不快感

下関市の嶋倉剛教育長が日本の朝鮮半島に対する植民地支配について
「植民地支配は歴史的事実に反する」 と発言した問題で、山口朝鮮学園の人たちが
市役所で発言に抗議する活動をしていることについて、
江島潔市長は7日の定例記者会見で、
「迷惑なのでいい加減にしてほしい」 と述べ、嶋倉教育長には
発言の撤回や謝罪を指示しない意向を改めて示した。

 会見で江島市長は、今月3日から続く学園側の抗議について
「大人数で来ることは想定しておらず非常識。数の力に屈することはありません」
と述べ、嶋倉教育長に対しては 「慎重に発言するよう口頭注意している。
これ以上マスコミに出るような場を積極的につくりたくない」 と話した。
 学園側は6月26日の教育長の発言を受け、3日に同学園が運営する
山口朝鮮初中級学校の関係者約70人が撤回と謝罪を求める申入書を市教育委と市に提出。
4日には回答を受け取るため約30人が訪れたが教育長側は面会を拒否した。 

この後も学校関係者らは市役所を訪れ、教育長との面会を求めるなどしている。
嶋倉教育長の発言を巡っては、堀内隆治・前下関市立大学長らが、
発言の撤回を求める申入書を提出。
民主党県連も発言撤回と謝罪を求める決議を採択した。
7日は社民党県連合代表の佐々木明美県議も市役所を訪れ、
市長と教育長あてに発言の撤回と教育長の辞任を求める申入書を提出した。

市民らからは賛否両論が寄せられ、反響が続いている。

ソース:朝日新聞山口県東部版 7月8日 朝刊より 【2ちゃんスレより】


一応、この件は既に一定の解決をみているようですが。
あえて、今書いたのは・・・・
この集団が日本にいる恐怖を感じたからです。

長野の赤旗を思い出しました・・・・。

自分の意に反すると、とたんに徒党を組んで力で訴える。
これは、日常でも恐怖です。
この事件は、
在日の方が、近所に住んでいて、何か揉めたら何処からとも無く徒党を組んで
自分と家族を脅迫する。

という、現実の可能性・危険性を明確に示しました。

日本人の治安向上の為にも、強制連行などの歴史背景の解決の為にも
日本政府は、一度在日韓国人・中国人などの特アの方達に強制帰国して貰うべきです。
もちろん、政治的賠償は済んでいるので、今後は自国の政府と対話するよう書面を添えて。
その後、就業ビザを取るなりして戻ってきたい人は来てもいいけど

「特別永住権」は発行しない。
「生活保護」などの今までの「特権」は、一切認めない。
「通名」の使用禁止。


等、他外国人と対等にすべきです。
そして、きちんと監視すべきです。

今回の件と長野の件以来
彼らに、強い不信感と不気味な恐怖を覚えました。
やってる事は、まるで○93のようです。

国民と国家を守るためにも、一度強い姿勢で
対応してほしいと思いました。
これでは、日本人への弾圧だと感じます。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン





スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/205-4b104a5f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。