スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-03 (Thu)

古賀氏道路族が悪いかのように言われているが

ニュース

【政治】古賀氏「道路族が悪いかのように言われているが、全然違う。『族』と呼ばれるいわれはない!」

自民・古賀氏 「道路族と呼ばれるいわれはない!」
2008.7.3 19:39

 自民党の道路族の重鎮、古賀誠選対委員長は3日、全国建設業協会と党本部で懇談し、
「道路族が悪いかのように言われているが、全然違う。先人が国民の生命を守る
社会資本整備をしてきた。『族』と呼ばれるいわれはない!」と怒りを爆発させた。

 建設業界にも怒りの矛先を向け「選挙になって応援を頼みにいったら社長と専務ばかり
出てくるが、従業員に応援してもらえない。『公共事業はやらない』と言っている民主党と
一緒にしてもらったら、たまったもんじゃない」と述べた。

 かつて道路調査会長を務めた古賀氏は党内の現状にも不満を抱いており、「公共事業関連の
部会にはパラパラとしか国会議員が集まらない。なぜなんだ。昔、党道路調査会長になるのは
大臣より難しかった。今はだれもなろうとしない」と嘆いてみせた。 【2ちゃんスレより】
いやいやいやいや。
先生。十分税金を自分の思い通りに食い散らかす様は
親のすねに噛り付いておきながら、俺は間違ってない!間違ってるのは社会だ!って
息巻いてる族と変わりません。

先人・・・そうですね。
先人には道路は必要だったでしょう。
車+道路+公共事業+流通=繁栄の構図は成り立ったでしょう。
しかし、時代は流れ、戦後平穏を享受し、公共事業で作られた物が
壊される事はなくなり。

まさに、用済み。

若い頃の理由なんて無い、反抗心。
虚栄心。
自分が出来る人間だと思いたい、生きている意味を探すが如く
道路族は、無用と判断されているのに生き残りを模索し
最後の足掻きをしているようにしか見えません。

ガソリンが高騰し物価も上昇しているなか、無策に道路にお金をつぎ込む政策は
時代遅れであり、親のすねと言える、税金に噛り付いているニート・族・引き篭もり。

先生。言われても仕方ない気がします。
庶民として、解らないなら隠居いただくのが筋だと感じます。
つーか、比例区止めませんか?
選挙で落ちて党で当選とか・・・納得行きません(怒
そういうセコイことしないで欲しいです・・・。

そもそも、貴方方は『先生』と呼ばれる意味を忘れています。
『先生』と頼られ頭を下げられる意味を忘れています。

『先生』と呼ぶ意味。
それは、貴方方が私たちを導き守る立場と思っての言葉です。
守ってくれない、無策で無能なら『先生』とは呼びません。
『先生』と呼ばれる人間は、同じ人間から頭を下げられる【責任】があるんです。
族じゃない!と言うなら、責任果たして下さい。
責任を果たせない暴走政治家は族と変わり無いのではないでしょうか・・・。
私は、そう思います。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン

スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/201-f0a10688


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。