スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-29 (Sun)

「日本人でもおかしいと思うでしょう」

ニュース

【山口】「日本人でもおかしいと思うでしょう」 下関市教育長の植民地否定発言で、在日社会に波紋

「日朝併合(日韓併合)と植民地支配は違う」--。
下関市の嶋倉剛教育長(44)の発言が、下関の在日社会に波紋を投げ掛けている。
26日に直接聞いた山口朝鮮学園の金鍾九理事長らは
「訂正と謝罪を求める」と抗議。市内の朝鮮、韓国籍の人たちも
「歴史を習っていれば分かるはずなのに」と困惑を隠せない様子だ。【取違剛】

発言は26日。金理事長らが山口朝鮮初中級学校の助成金増額を要望した席上だった。

嶋倉教育長は「助成金は公教育のルールで決まっている。市には増額する財源もない」と回答。
しかし、学園側の出席者が「植民地支配によって来ざるをえなかった朝鮮人子弟が通っている」
と述べたのを受け「植民地支配というのは歴史事実に反する」などと反論した。

発言に対する在日社会の反発は大きい。
金理事長は27日、本広正則副市長に面会し、助成金増額の要望と併せて抗議。
「教育長が正しい歴史認識で職務に当たるよう指導を」と求めた。面会後には
「教育長は併合を対等合併のように言うが、併合とは人の心を取ってしまうことだ」
と厳しい口調で話した。在日本大韓民国民団県地方本部も対応を検討するという。

日本社会に根差して暮らす人々には、戸惑いもある。会社経営の韓国籍男性は
「せっかく韓日関係が良くなっているところで、なぜ。我々は日本で暮らさせて
もらっているからこそ両国友好を強く願っているのに」と首をかしげる。
別の韓国籍男性は「日本人でもおかしいと思うでしょう」と嘆いた。

27日、取材に応じた嶋倉教育長は「助成金の話で(学園側が)歴史経緯を持ち出すのは筋違いで、
それを否定する中で発言した。私の歴史認識とは別の話だ」と説明。
重ねて「日朝併合と植民地支配は異なる」という認識も示した。

同日午後には改めてコメントを発表。
「当然のことながら下関市の教育行政を行うにあたり、政府の見解を尊重する」とした。


おかしいと思いません。
むしろ、タカリで歴史問題を出し被害者面をする方が
おかしいと思います。
というか、戦後何年経ちましたか?
戦争は悪い事だし悲しい事です。
でも、その子孫に謝罪と賠償を求めるのは、歴史に反します。
今までアメリカや中国が支配し侵略した民族に、今まで謝罪や賠償をしてきましたか?
歴史を振り返れば、人間同士の争いと戦争と略奪と・・・
暗黒の時代はどの国もありました。
中国にいたっては、以前内臓の無い学生の死体が発見されたり
乳幼児の誘拐や人身売買が横行してますよね。
歴史云々言うのなら、彼らこそ・・・歴史から『何を学んでいるのか』
そう感じます。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン



スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/194-afa636f0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。