スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-20 (Fri)

11歳の小学生が妊娠・出産!

ニュース

【映画】11歳の小学生が妊娠・出産!人気コミック「コドモのコドモ」が映画化

eiga.com 映画ニュース] あのTVドラマ「14才の母」もビックリ!? 映画界に“11歳の母”が登場だ。
小学生の子供が子供を産むという、さそうあきらの同名漫画(双葉社刊)を映画化した
「コドモのコドモ」(萩生田宏治監督)が9月に公開される。

 映画界では今年、16歳の女子高生ジュノが妊娠・出産するアメリカ映画「JUNO/ジュノ」が、
アカデミー賞脚本賞ほか数々の映画賞を受賞して話題をさらい、
日本でも去る6月14日から公開されたばかり。

 しかし、「JUNO/ジュノ」は16歳。「14才の母」でも14歳だが、
「コドモのコドモ」の主人公・春菜は小学5年生、なんと11歳だ。生理が始まったばかりで、
性への知識や意識も不十分な春菜は、同級生の男の子と“くっつけっこ”と称する遊びをするが、
その後に、学校の性教育の授業で性行為や妊娠の仕組みを知り、自身の妊娠に気付く。
しかし、周囲は誰も彼女の妊娠を信じてくれない。そうこうしているうちにも、
春菜の胎内では新たな生命が刻々と育っていく。

 映画は昨年、秋田県能代市で撮影され、廃校になった小学校の校舎などがロケ地として提供されたが、
「小学生の妊娠・出産」という内容の映画に、地元では撮影に対して反発の声も少なからずあったとか。
しかし、低年齢の妊娠・出産をセンセーショナルに煽ることはなく、
主人公の妊娠・出産を通して結ばれる人々の絆や命の大切さを温かな視点で描いている。
配給元のビターズ・エンドによれば、すでに回り始めているマスコミ向け試写でも
好意的な声が多く寄せられているそうだ。
「小学生の妊娠というテーマに、特に女性は最初ちょっと引いてしまう方もいらっしゃいますが、
見てみると良かったという感じです」(同社宣伝担当)

 主人公・春菜役はオーディションで選ばれた新人の甘利はるな。
共演には麻生久美子、上野樹里、谷村美月など今をときめく若手女優から、
宮崎美子、光石研らベテランまでが揃い、主題歌も奥田民夫が初めて劇映画に書き下ろすなど、
さまざまな才能が集って困難な題材を映画化している。【2ちゃんねるより】


ん~・・・(汗
この記事を読む限りでは、低年齢の妊娠・出産をセンセーショナルしか感じられず
『主人公の妊娠・出産を通して結ばれる人々の絆や命の大切さを温かな視点で描いている。』
という物は見えてこない。
というか、11歳の子供の出産を通じて結ばれる人々って?
11歳の子供が妊娠出産して学べる、絆や命の温かさって?理解に苦しみます(汗
ちょっと、私には受け入れ難い作品です。
小学生が、無知でも「くっつけっこ」などと性遊びをしている時点で
大問題だと思おうし
いくらありえない話とは言え、娘が妊娠を訴えたらとにかく一度は検査薬で調べるでしょう。
そのまま放置って・・設定に無理があって苦しいです。

漫画作品としてなら、読めるのでしょうが
主人公の妊娠・出産を通して結ばれる人々の絆や命の大切さを温かな視点を
映像として伝えたい作品であるならば、設定が苦しすぎて無理があると思います。
漫画作品に、人間の血肉を通わせると急に生々しくて作品の本当の魅力を損ないますからね・・。

私は、現時点では
・現代の性情報の氾濫が引き起こしている、性の低年齢化
・性の低年齢化に対応していない、現場の性教育
・性の氾濫を助長するマスコミや出版業界

この3点の問題点が浮き彫りになったとしか思えません。

いくら「見たらよかったよー」と言われても
ちょっと・・・・無理。
きっと、自分の知り合いの子供達が、もしこんな事になったら・・・と考えたら
とてもとても恐ろしくて見ていられません。
それに、韓国で現実に小学生同士の性事件が起こっている。
作者には申し訳ないけど・・・・
シャレになりません(汗

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン





スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/177-e0594087


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。