スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-12 (Thu)

中国震災遺児を日本に受け入れよう

ニュース

【政治】中国震災遺児を日本に受け入れよう 与党議員が議連設立へ

自民党の小坂憲次国対筆頭副委員長、竹下亘国対副委員長らは12日、中国・四川大地震で
親を亡くした震災遺児の日本への受け入れを目指す議員連盟を設立することを決めた。
20日に設立総会を開く。

議連は自民、公明両党の35人で発足。日本の高校生に該当する学齢の生徒を高校に編入学させ、
卒業まで就学できる制度を整備。受け入れ先となる高校やホームステイ先を探すなどの活動を進める。
野党にも参加を呼び掛け、超党派議連に発展させたい考えだ。

小坂氏は記者団に「困っている時に支援の手を伸ばすことが、
日中友好のきずなを築くことにつながる」と述べた。【2ちゃんスレより】



え?
正気でしょうか?
ただでさえ、親を失い精神的に不安定な子供を
言葉の通じない異国、まして反日教育で憎しみを持っている日本に
連れてこようという、発想と神経が信じられません。

両親を突然失った悲しみだけでも、正気でいるのが困難なのに
言葉も通じない。偏見の固まりの国に連れられて、相談する友人も親類縁者も
近くにいない。
どれほど、孤独になるでしょう。
絶望するでしょう。
心開く要素が何もありません。
こんな、方法では日中友好を築くどころか、後々の怨嗟の元になりかねません。

もし、支援を考えているのなら、現地で彼らの安心できる事がなんなのか。
中国人として、中国の習慣・思想・感情と、子供を取り巻く環境や常識を
熟知し吟味し、本当に必要な事に相談に乗ってあげるべきです。

上記記事のような親切は

ありがた迷惑
自己満足
お節介


と言われて、世間一般的には嫌がられる行為だと思います。

日本人として、「傲慢な発言」と恥じ入る記事です。

ところで。

日本の震災孤児や交通事故遺児には、きちんと
高校に編入学させ、卒業まで就学できる制度を整備。受け入れ先となる高校やホームステイ先を探すなどの活動をしているのでしょうか。
まさか、国内の子供達には手厚い支援はしていない・・なんて事はないですよね?


管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン

スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/171-244ba25a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。