スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-10 (Tue)

1000万人の失業

ニュース

【朝鮮日報】「画期的」…自民党の移民1000万人受け入れ提案を歓迎

■自民党、「移民1000万人受け入れ」提案
厳しい帰化条件を緩和、「移民庁」設置推進

 人口減少や高齢化による危機を克服するため、日本の人口の10%に当たる1000万人を海外
から移民として受け入れようという画期的な提言案が与党・自民党から出されることになった。

 自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)所属議員80人は、
週明けにも「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後
50年間で目指す」という移民政策に関する提言案を福田康夫首相に提出する予定だという。
8日、読売新聞が報道した。1000万人規模の移民は、現在永住資格を持っている一般・特別
永住者87万人の12倍弱に当たる。日本は永住権制度と帰化制度を取っているが、厳しい条
件を付けているため、移民を事実上認めていない国と見なされている。

 同議員連盟は、移民に対する国民の基本的な考え方を変えるため、日本を移民と共生す
る「移民国家」と規定した移民法を制定し、移民を管理する「移民庁」の設置を提案する方針だ。また、
▲地方自治体に「外国人住民基本台帳制度」を導入し在日外国人に行政サービスを提供しやすい体制を整える
▲入国後10年以上としている永住許可を7年に緩和する
▲年齢や素行などさまざまな要件を課している現在の帰化制度を原則的として入国後10年経過したら日本国籍を取得できるように改める
―といった内容も盛り込まれている。

 日本の人口は2005年現在で1億2769万人だが、2046年になると1億人を下回り、今から約
50年後の2055年には8993万人まで減少すると予想されている。今後50年間で1000万人を海
外から受け入れようという自民党の提言案は、「人口1億人」を国力維持の条件とし、これを
保とうというものだ。

 日本は高度経済成長の中で1967年に初めて人口1億人を突破、世界第2位の経済大国になった。

東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員【2ちゃんスレより】


昨日も取り上げましたが、両国の政治家は愚かとしか思えません。

この受け入れた1000万人の雇用問題はどう考えているのか。

日本の人口が減少傾向にあるのは、

・雇用の不安定
・失業率の上昇
・社会不安
・子供の税関連
・子供の養育費の高さ

などの問題があるからだ。
それを、今後50年間で1000万人を海外から受け入れる事で
「人口1億人」を国力維持とは、愚の愚の愚の骨頂です。
人口が増えたって、「正社員」率が上がらないと、税収増には繋がらず
現在の日本人の就職先を奪う事にもなり、日本人の減少を加速させるでしょう。
さらに、最悪・・・・

・失業者の更なる増加
・日本人への逆差別(国内で国民が政府や移民に差別される)
・治安の悪化
・将来「強制連行」のタネにされる
・雇用形態・民族間の歴史問題での不満爆発で犯罪増加

などなど、職業も用意できない・・自国民の失業問題も解決できない状況で
単純に移民を受け入れる危険を、もっと考えて欲しい。

移民された国民。
移民させられた国民。
どっちも、「国民」が最後に苦しむのだから。

完全に廃案となるまで、目が離せないですね。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン

スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/164-c7842a10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。