スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-04 (Wed)

「日本感謝」ブームに"待った"

ニュース

【中国大地震】「日本感謝」ブームに"待った"・・「こんな時こそ冷静に。歴史忘れるな」と新華社

2008年6月3日、新華社通信(電子版)は、四川大地震の救援活動を契機に
中国国民の間で起こっている「日本ブーム」について報道し、
「援助に感謝しても歴史は忘れるな」と日本に手放しで融和的な態度をとることにクギを刺した。

四川大地震では、日本の国際緊急援助隊が発見した遺体に黙祷する姿が報道されたことで、
中国国民の間に「日本に感謝する」との声が巻き起こった。

新華社配信の記事では、こうした「日本感謝」ブームについて、
「日本に対する新しい見方が生まれているようだが、こんな時こそ冷静に」と呼び掛け、
「日本人は思ったより『悪くない』という中国人が増えているが、
我々が今感じているほど『素晴らしい』とも限らない」と手放しのブームをけん制した。

さらに、「中国の民衆は、日本の援助に感謝するが、歴史を忘れることはない」と強調。
日本の航空自衛隊による救援物資輸送の報道と、その後の派遣見送りについても触れ、
「慎重な中国人は理性を取り戻した」と指摘した。

このほか、日本の中国に対するODAについても言及。
日本で「ODAには全く感謝の言葉を発しなかった中国人が、今回の震災でやっと感謝した」
との報道があったことや、中国現代国際関係研究所の日本問題専門家、
劉軍紅(リウ・ジュンホン)研究員がこれに対し、
「ODAは戦争の賠償金だと誤解している中国人が多い」
とコメントしたことなどを紹介している。

今回、政府系メディアである新華社がこうした報道をしたのは、
中日関係を重視しながらも、国民が無制限の日本礼賛に流れるのは好ましくない、
との政府の意向を反映したものと見られる。【2ちゃんスレより】


溝は深い。
大体、「感謝ブーム」ってどういう了見なのかと。
感謝に流行り廃りがあったら困る。
感謝も謝罪も、「心」からの言動。
そして、当然「子々孫々が求めつづける物ではない」行為だ。

中国などの反日国家とは、政治交代され意識改革がされない限り
深く関わらない方が良いと思う。
いまは、交流できる状況でないのは明らか。
焦って、関係をこじらせるより、一度疎遠になり相手に隙を見せない必要がある。

そのためにも、食料や資源、工場や人件費などは、自国でまかない
反日国家に頼る今の体制を変革する必要があるだろう。

個人的な話だが、近所に中国人が近年増えてきた。
気さくで友人として付き合える人も居れば、恐い人もいる。
日本人も同じだとは思うが、総じて感じるのは「ココは日本だけど祖国と同じ環境にする」
事に、何かしらの熱意を持っている。
食材一つそう。
祖国にはあるのに、近所のスーパーにはない。
それは”変”だから、仕入れるように言ったと話す。
どれほど、「個人」という単位になって、そこに「中国」を作ろうとする。
そんな価値観?に、恐怖と決して相容れぬ人種としての壁を見た。

お隣の国々の人種とは、無理に付き合う必要を感じない。
決定的に考え方が合わない。
残念な事だ。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン

スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/159-19b53c89


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。