スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-30 (Fri)

宗教「信じない」7割

ニュース

宗教「信じない」7割、「魂は生まれ変わる」3割…読売調査

読売新聞社が17、18日に実施した年間連続調査「日本人」で、何かの宗教を信じている人は26%にとどまり、信じていない人が72%に上ることがわかった。

 ただ、宗派などを特定しない幅広い意識としての宗教心について聞いたところ、「日本人は宗教心が薄い」と思う人が45%、薄いとは思わない人が49%と見方が大きく割れた。また、先祖を敬う気持ちを持っている人は94%に達し、「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」という人も56%と多数を占めた。

 多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くものの、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強いようだ。

 調査は「宗教観」をテーマに面接方式で実施した。

 死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%で最も多く、「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%--がこれに続いた。5月29日23時41分配信 読売新聞


日本人は、無宗教なのではなく、自然信仰が根強いのだろう。
特定の偶像を崇拝するのではなく、日常の物一つ一つに神が宿っていると言う「八百万神」
その魂が練り歩く「百鬼夜行」、山自体を信仰の対象にする「山岳信仰」
先住民族であるアイヌもまた自然信仰。
「宗教」ではなく「信仰」。この意味は深い。
すなわち、日本人の根本は「感謝」と「畏怖」だと思える。
日本人として、胸を張って良いのではないだろうか。
「もったいない」という精神も、ここから来ているのだと感じる。
自然に対する畏怖と感謝。
物に魂を感じ大事にし感謝する心。
祖先への感謝と敬意。
失われつつ日本人の心だが、まだ失った訳ではなかった。
これだけは受け継ぎ世界に誇って良いと思える。
大事にしたい、「日本」だ。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/154-ed4a2681

日本人と宗教

「信じる宗教」と「感じる宗教」。「日本的霊性」。読売新聞の社会調査が、日本人の宗教観や信仰心について再考を促しています。参照記事数206。Blogクリップは「情報資源の有効活用と共有」を目的とした企画です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。