スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-08 (Wed)

ちょっと復帰

ニュース

謹慎意味ない、汗かけば治る…理事から疑問の声も

朝青龍の治療帰国に関して、理事の間からは疑問の声が続出している。秀ノ山理事(元関脇・長谷川)は「なぜ日本で治療できないのか? 何かモンゴルにこだわっているような感じがする」と、まずは国内治療を優先させるべきとの見解を示した。その上で理事会が開かれた場合は「私は(帰国には)反対します。謹慎処分が出ているのに、ここで認めては他の力士に示しがつきません」と断言した。

 一貫して帰国に反対している大島巡業部長(元大関・旭国)はこの日、夏巡業の北海道・福島町で「帰ったら謹慎の意味がない」と改めて反対を明言。急性ストレス障害など心の病の診断書が公になっているが「ストレスなら汗をかけば治る」とピシャリ。5月に交通事故を起こした弟子の旭天鵬が、朝青龍の4か月よりも短いとはいえ1か月の謹慎を受け入れただけに、処分が出てからわずか1週間での心の病に疑問の目を向けた。

 一部の理事からは「診断書が出るなら、それに従わざるを得ない」との声も上がっているが、多数は帰国反対。理事会が開かれても朝青龍には厳しい現実が突きつけられることになりそうだ。


色々意見が出ているが、正直これは同情できない。
処分を下された理由が、理由なだけに・・・甘えるな!と
思う。
病気になっても、仕方が無い。
これが、一般企業だったら『解雇』だったろう。
まだ、謹慎処分で済んだ事に、感謝しも良いほどだ。

しかも、急性ストレス障害になるという事は
端から見れば、「反省の色なし」である。
おまけに、『たかだか4ヶ月』
『横綱』として、ウダウダ言わず
ビシ!っと、反省して自分から「もっと厳しい罰」を望む
くらいの姿勢を、見せて欲しい物である。

ここ数日の報道は、あまりにも横綱としても、男としても
情けない。


管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/147-095bd40b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。