スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-13 (Wed)

東本友紀ちゃんひき逃げを許してはいけない

ニュース

高田署の調べでは、01年12月13日午後4時50分ごろ、広陵町馬見中4の町道交差点で、自転車で青信号を横断中の友紀ちゃんを、左折してきたトラックがひいた。

 容疑者は友紀ちゃんの自転車を約650メートル引きずった後、歩道の植え込みに投げ捨て逃走した。トラックは2~10トン。運転手は作業服のようなものを着ていたという。事件は未解決のまま5年が過ぎ、業務上過失致死罪の時効(5年)が成立した。


昨日の0時で、時効が成立してしまったようだ。
子供を跳ね飛ばし、植え込みに投げ捨てて逃走した人間を
業務上過失致死とは、到底思えない。
殺人ではないのか。
たった5年。
たった5年で、逃げ切れてしまうのだ。
許せる話ではない。

どうして、殺人罪に切り替えられないのか。
「事故」として考えたら、全てに「殺意」があったとは言えないだろう。
しかし、瀕死の人間を・・・助ければ助かったかも知れない
そうでないとしても、植え込みに投げ捨てる行為は
「明確な殺意」ではないのだろうか?

決して逃がさない為にも、声を上げたい。
「事故」である以上、自分や自分の大切な人間も
いつ、見殺しにされるか分からないのだ。
誰もが、同じ状況と捕らえ、些細な状況でも報告できれば良いと思う。
時効は成立したが、民事では、まだイケルと思う。
逃がさない為にも、許さない為にも
忘れないで欲しい。そう思う。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト

Community 許されない出来事  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/142-c5314c11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。