スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-12 (Tue)

「地蔵はどこへやった?」 誤って「六地蔵」破砕処分…にかほ市

ニュース

にかほ市象潟町の市指定文化財「六地蔵」が、昨年度に市が斎場を整備した際、誤って
破砕処分されていたことが11日、分かった。同日開かれた12月定例議会本会議で
横山忠長市長が報告し、「市の貴重な財産を市自ら滅失したことは弁解の余地もない」
と陳謝した。

「六地蔵」は、表面に3体の地蔵の姿を彫った石(高さ93センチ)2基から成る文化財で、
江戸時代のものとみられる。同市象潟町の市象潟斎場の入り口付近に、別の地蔵や
石碑と並べて設置されていた。昭和47年に旧象潟町教育委員会が文化財に指定、
合併で同市文化財となった。

報告などによると、市は平成17年6月から18年3月にかけ、老朽化していた斎場を
敷地内で移転改築。その際、宗教色をなくすという考えから、市の工事担当者が、
計4基あった石像、石碑のうち1基を移設、「六地蔵」の2基を含む3基は破壊処分
するよう業者に指示した。

付近に文化財であることを示す看板はなく、担当者も「六地蔵」が文化財だとは
知らなかったという。今秋になって市民から「地蔵はどこへやったのか」との問い合わせ
があり調査したところ、既に石材業者が破砕処分し、破片はリサイクル業者に
渡っていたことが分かった。


文化財かどうかを知らない事も、問題だが
「地蔵様」を破棄できる、その考えにやり切れない物を感じる。
貴重な財産の消失と言うより、日本人としての心が消失している。
そんなニュースに感じた。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト

Community 学術・文化系ニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/139-aac86aec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。