スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-12 (Tue)

いじめ、「オレンジリボン」で撲滅へ…千葉の中学生が発案

ニュース

千葉県市川市の南行徳中学校(菅澤龍之助校長、667人)で11日、いじめ撲滅を
 目指してオレンジ色のリボンを胸につける「オレンジリボンキャンペーン」が始まった。
 いじめをなくす意識を高めようと生徒たちがアイデアを出した。

 同校ではこの日、生徒会が放課後にリボンを配った。生徒たちは「いじめに反対し、
 いじめをなくすことに積極的に参加、協力することを誓約致します」と書かれた誓約書に
 サインしてリボンを受け取った。

 キャンペーンは、菅澤校長が「いじめをなくす手だてを考えよう」と呼び掛けたのがきっかけ。
 生徒会で話し合い、北朝鮮による拉致被害者支援のブルーリボンにヒントを得て考えついた。
 色は「暖かく紺色の制服に映える」とオレンジにした。

 生徒会長の2年、町直也さん(14)は「(誓約書との交換制にしたのは)自覚を持って付けて
 ほしいから」と説明する。この日だけで、150人に行き渡ったという。1年の梅原早姫さん
 (12)は「いじめられている人に安心してほしい」と話していた。

 生徒たちの熱気を見守る一方で、教師の中には、リボンを付けることに抵抗を感じる
 生徒に影響を与えないかと心配する声もある。菅澤校長は「むしろリボンを付けない
 子に目を向けないといけない」と話していた。
 同市立妙典中学校も先月から同様の試みを始めている。


良い案だと思うし、前向きな取り組みだと思う。
気持ちとしては、非常に応援したい。

のだが・・・

多少引っかかる。
誓約というのが、引っかかるのだろうか。
おまけに、「全員」に配らずに、「誓約」した人にだけ配っているのが、「踏絵」のようで後々が怖い。
これを付けていない者はどうなるんだろう?
私などは、天邪鬼だし誓約書というのが嫌で、付けないかも知れない。
教師や生徒同士で、「思想の統一」をしているようで
この事で、別のいじめに繋がらないか・・少々心配だ。

とは言え、行動する事には応援したい。
「どういう気持ちで行動したのか」その事を忘れずに
リボンをつける事
誓約書にサインする事
その事だけに囚われず、「思い」や「願い」を考えて
教師と一緒に、頑張って欲しい。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト

Community いじめ  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/137-4baa3ef1

オレンジリボン・キャンペーン(いじめ撲滅)中学生が発案

「オレンジリボン・キャンペーン(いじめ撲滅)中学生が発案」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。