スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-09 (Sat)

「消費税引き上げの必要性明記を」との意見が出席者から相次ぐ…自民税調の正副会長会議

ニュース

自民党税制調査会は正副会長会議を開いて、来年度の税制改正大綱での
消費税の取り扱いなどについて議論し、出席者からは、大綱には消費税率の
引き上げの必要性を含め、より踏み込んだ表現で盛り込むべきだという
意見が相次ぎました。

 消費税の取り扱いについて、安倍総理大臣は本格的な議論は来年の秋以降に行う
考えを示しており、今月14日に取りまとめる来年度の与党税制改正大綱では、
将来の税率引き上げに関してどのような表現を盛り込むかが焦点となっています。

 8日に開かれた自民党税制調査会の正副会長会議では、消費税を含めた今後の税制の
あり方について議論しました。この中で、出席者からは「国の財政状況がいかに
危機的な状況にあるかということを、もっと国民にわかりやすく示し、消費税率の
引き上げの必要性を明記すべきだ」という意見や、「地方の税源を充実させるために、
安定的な財源として地方消費税を活用すべきだ」などとして、大綱には消費税率の
引き上げの必要性を含め、より踏み込んだ表現で盛り込むべきだという意見が相次ぎました。

 町村小委員長は、会議のあと記者団に対し、「消費税の引き上げをもっとはっきり
位置づけるべきだという意見が多かった。ただ、税率を具体的に何パーセントにするかや、
引き上げ時期については来年の話だ」と述べました。


もう、消費税が必要ならそれはいい。
しかし、・・・しかし!
今までの、湯水の如く使うのを改めてからの話だ!
本当に必要な所に、お金を使っているのか?
本当に必要ない部分を、削減したのか?
毎日の様に報道される、税金の無駄遣いを聞いていると
どうしても、不信感を拭えない。

働いても働いても、給料が上がらず
払っても払っても、赤字になる税では
素直に、消費税引き上げに賛成できない。
政府が、どんぶり勘定では困るのだ。
家計簿しっかりつけて、つもり貯金でもしちゃうような
しっかり者でないと、お金を預けられない。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト

Community 頭にきたニュース  <<  ニュース



Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/130-26743522


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。