スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-07 (Thu)

"ホワイトカラー・エグゼンプションに反対" 民主党、残業代の割増率引き上げ提案

ニュース

厚生労働省が検討している労働法制見直しについて、民主党は6日、一定の年収
 以上の会社員を労働時間規制の対象外とする「ホワイトカラー・エグゼンプション」などに
 反対し、長時間労働の抑制のため、残業代の割増率引き上げを求める対案をまとめた。
 党内に「働き方調査会」を発足させ、内容を詰める。

 対案では、過労死などの原因となる長時間労働の是正を前面に打ち出し、残業代の
 割増率を現行の2倍の5割に引き上げることを提案。欧州諸国のように「1日11時間の
 休息」を義務づけるとしている。ホワイトカラー・エグゼンプションは「残業代の不払いを
 正当化し、健康確保を軽視する。導入はありえない」と強調している。

 企業と働き手の雇用ルールを定める労働契約法では、就業規則を変更すれば労働条件を
 変えられるとする厚労省案に対し、「労働者が同意しない場合は、労働条件を変更できない」
 と明記。パートや派遣などの有期契約については、契約更新を期待している労働者に企業が
 更新を拒否することを制限する規制の導入を盛り込んだ。立場の弱い個人請負の人たちも
 対象に含める。


どうにも、頓珍漢という感じを否めない。
残業代の割増率引き上げなどさせたら、余計おかしな事になるだろう。
企業が、雇用を出来るだけ下げてくるだろうし
国内での雇用を嫌うようになっては、就職難民が増えるだけだ。

素直に反対だけにし、現状で残業代を払わない状況を
打開できるようにしてくれれば良いと思う。

なんでもかんでも、欧州に習えば良いと言う物でもないと思う。
日本には日本の風土があるのだ。
合うものと合わないものがあると、見極めて欲しい。

管理人”ウツ”促進ボタン
↑管理人”うつ”促進ボタン
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://nyublo.blog81.fc2.com/tb.php/118-5f5b7d76


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。